漢方なんでもQ&A
漢方薬の効果について
Q: なぜ空腹時に飲むのですか?
A:

速やかに腸に到達するので、効き目が早く現れること、食物成分との相互作用を生じにくいこと、食後服用の多い西洋薬との相互作用を防ぐことなどより、原則として食前または食間(食事と食事の間、すなわち空腹時)に服用をすすめるのが一般的です。
しかし、のむのを忘れたときは食後でもかまいませんし、一回の分量が多いときは何回かに分けてのんでもさしつかえありません。

Q: 子供にのませるコツは?
A:

意外に抵抗なくのんでくれるお子さんも多いのですが、どうしても嫌がるときには、薬を少量の水で練ってペースト状にし、指で子供の上あごに薬をぬりつけ、水やジュ−スをのませると、うまくのませることができるようです。
冷たいと苦味などを感じにくくなるのでシャーベットやゼリーなどに混ぜてあたえてもよいでしょう。
蜂蜜に混ぜる方法もありますが、1歳未満の乳児は避けるべきです。(ボツリヌス菌感染症の危険性があります。)

Q: お茶や牛乳で飲んでもかまいませんか?
A:
漢方薬の成分と反応して、吸収がわるくなる可能性があるので、おすすめできません。
なるべく、白湯でのんでください。



住所 電話番号 FAX


もどる