漢方なんでもQ&A
漢方薬の効果について
Q: 漢方薬は長期間飲まないと効き目があらわれないのですか?
A:

病気により、効果が出るまでの時間は異なります。
例えば、さむけ・鼻水などの風邪の初期症状には、お湯で溶いた漢方をのめば30分以内に症状が治まり、西洋薬以上の速効性があります。生理痛や冷え性は2〜3カ月で明らかな効果が見られます。
しかし慢性関節リウマチや慢性肝炎などの慢性疾患では、半年、1年と経過を見なければならないこともあります。
このような場合でも2〜4週間服薬を続けると「なんとなく元気が出てきた。」「食欲が増してきた。」というような肯定的な反応がでてきますので、服薬を続けるめやすとなります。

Q: 漢方はどんな病気に向くのですか?
A:
虚弱体質の改善: 疲れやすい、胃腸が弱い、冷え性、風邪をひきやすい、などの体質改善
アレルギー性疾患: アトピー性皮膚炎、気管支喘息、花粉症(アレルギー性鼻炎)などで西洋薬の副作用が気になるとき
消化器疾患: 胃もたれ、むねやけなど上腹部の不定愁訴、便秘・下痢・過敏性腸症候群、慢性肝炎、肝硬変
婦人科疾患: 生理痛、更年期障害、不妊症
小児科領域: 虚弱児の体質改善、気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、起立性調節障害、夜尿症、小児心身症
その他: 頭痛、めまい、肩こり、腰痛、膝のいたみ、不眠症、前立腺肥大症
Q: 高血圧・糖尿病・高コレステロール血症を漢方で治したいのですが?
A:

たんに血圧や血糖値、コレステロール値を下げるだけなら、西洋薬にも副作用が少なく効果のよいすぐれた薬がいくつもあります。
数字は適切なレベルまで下がったのに、頭が重い、手足がしびれる、「こむらがえり」を頻回におこす、口が渇く、だるくて気力がわかない、などの随伴症状のとれない方には、漢方はおすすめです。漢方を併用することで、西洋薬の服用量を減らすことができるばあいもあります。



住所 電話番号 FAX


もどる